金利の有利度に関する住宅ローン相談とは?

金利の有利度に関する住宅ローン相談住宅ローン相談の中でも、金利の有利度についての相談が多くあります。
住宅ローンの貸出残高を見ると、全体の6割から7割を、メガバンクや地方銀行で占めています。
中でもメガバンクは全体の3割ほどにも及び、最も大きなシェアを占めています。
最近では、フラット35を中心とするモーゲージバンクの役割も大きくなってきていますが、それでも銀行、特にメガバンクが重要な役割を果たしている点は変わりません。
そのメガバンクの金利を見ると、変動金利型や固定期間選択型の固定期間の短いものには、大きな差はありません。
メガバンクに限りませんが、ほとんどの金融機関が金利引き下げ制度を実施しており、利用者の多くが店頭表示金額より低い金利の適用を受けています。
この金利引き下げ制度には、当初の金利を大幅に引き下げて、その後は引き下げ幅が小さくなる当初期間重視型と、下げ幅は小さくなるものの、それが完済まで続く全期間型の2種類があります。
住宅ローン相談おすすめは?審査・金利・銀行選び【無料申込窓口】