中古マンションの住宅ローン減税の注意点は?

中古マンションを住宅ローンを利用して購入する場合、新築マンションの購入と同様に、住宅ローン減税の適用を受けられます。
ただし、中古マンションの場合には築年数などで条件がいくつかあります。
まず、築20年以内の物件であれば問題ありません。
また20年以上経過しているマンションであっても「耐震基準適合証明書」または耐震等級が評価された「住宅性能評価書」があれば、住宅ローン減税が適用されます。
ただし、これらの証明書はマンション購入後に申請、取得したものは認められないので、購入前に売主に依頼して取得をお願いする必要があります。
実際には上記の証明書を取得している築20年以上のマンションは非常に少なく、また新たに取得するとなると費用がかかる事などから、減税によって受けられるメリットと取得費用を合わせて考える必要があります。