外貨mmfとペイオフのシステムの関係は?

【外貨MMFはペイオフの対象にはならない】一時よく人々の口に登ったペイオフという言葉ですが、このところ金融機関の破綻が減ったせいか、耳にすることが少なくなりました。
でもペイオフのシステムがなくなったわけではありません。
今さら言うまでもないのですがペイオフとは金融機関が破綻した際、預金のうち保護されるのは1000万円まで、それ以上の部分は保護の対象にならない、という制度です。
つまり銀行にいくらお金を預けていても、その銀行が破綻すれば1000万以上は返してもらえないというシステムなのです。
でもこれには例外があり、初めから対象から外されている預金があります。
それが円ではなく外貨で取引される外貨MMFなのです。
したがって外貨MMFは金額の多寡に関係なくペイオフの対象にはなりませんから、たとえ取引銀行が破綻しても大丈夫なのです。
外貨MMFを徹底比較!手数料が安く利回りが良い業者を選ぶコツ